訪問看護ステーション むらはし
訪問看護とは、看護師などが居宅を訪問して、主治医の指示や連携により行う看護(療養上の世話又は必要な診療の補助)です。
当事業所では、病気や障害の為、通院困難な方、退院後自宅での生活が不安な方、また、医療機器を使用しながらでも、住まいで安心して最期まで暮らせるように、多職種と協力しながら療養生活をご支援いたします。
訪問看護はどんな人が受けられるの?
●疾病・障害をもち、療養をしながらご家族で生活されている方。
●かかりつけの医師から必要であると認められた方(医療保険)
●要支援・要介護に認定された方(介護保険)
●ご本人だけでなく、支えているご家族もサポートします。
訪問看護って、何をしてくれるの?
●病状・障害の観察と看護
●床ずれや創傷の処置・予防
●療養生活上の必要な看護援助
●リハビリテーション
●療養生活の指導
●医療機器の管理・操作援助・指導
●認知症や精神疾患の方への看護
●服薬の管理
●ターミナルケア
●ご家族への支援
●その他医師の指示による診療の補助業務
●社会資源の活用相談
※さらに詳細な内容を知りたい方は、パンフレットをダウンロードして下さい。
パンフレットダウンロード
お電話によるお問い合わせ